2012年01月04日

百瀬、こっちを向いて。

aaaa.jpg

草加店文芸書担当オススメ本 百瀬、こっちを向いて。」  中田 永一  祥伝社


「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。

表題作を含む4編の短編集です。
普段はミステリーを中心に読んでいますが、ふとした時に恋愛小説を読みあさる時期が来ます。
本書はここ最近にきたそんな時期に見つけた一冊です。

こてこての恋愛小説ほど甘すぎず、初恋のような甘酸っぱさが薫る作品で普段恋愛小説を読まない方にもお勧めです。
久しぶりに本書で初恋気分を思い出してみてはいかがでしょうか?

ちなみに中田 永一さんは乙一さんの別名義だそうです。
今まで乙一さんは読んだ事が無かったのですが、本書で興味を持ったので他作品も読んでみようと思います。

posted by 竹島書店員 at 16:48| Comment(0) | 【文芸作品】