2012年03月14日

マツリカ・マジョルカ 相沢沙呼

majo.jpg

草加店文芸書担当 オススメ本

「マツリカ・マジョルカ」  相沢沙呼  角川書店

柴山祐希。学校に居場所を見つけられず、友だちもなく、冴えない学園生活をやり過ごす高校1年生。そんな彼の毎日が、学校近くの廃墟に住む女子高生マツリカとの出会いで一変した。「柴犬」と呼ばれパシリ扱いされる憤りと、クールな色香に昂る男子的モヤモヤ感との狭間で揺れながら、学園の謎を解明するために奔走する祐希。そうして彼の中で何かが変わり始めたとき、自らの秘密も明らかになる出来事が起こり?やみつき必至!学園ミステリ連作。

個人的に最近注目している作家さんの新刊です。
主人公はデビュー作の「午前零時のサンドリヨン」の主人公と同じく冴えない男子高校生ですが(あだ名も『ポチ』と『柴犬』)、今作のヒロインはとにかくドSでかなりエロい!!!
著者の作品のヒロインはとにかく魅力的なのでなかなか読む手が止まりません。

要のミステリ部分はPOPな装丁とは裏腹にかなりダークで、回収されない伏線もあるので賛否両論かもしれませんが、個人的にはダークな展開は好きですし、続編への期待が持てるので賛成に一票です。

著者の相沢沙呼さんは埼玉県在住みたいですね・・・
ぜひサインが欲しい・・・
posted by 竹島書店員 at 12:03| Comment(0) | 【文芸作品】