2012年11月08日

ねじまきカギュー

コミック担当からのおすすめ


07261231.jpg


ねじまきカギュー

生徒の個性を重んずる独特の校風をもつ「花は桜木学園」が舞台。
あまりに個性的な生徒が集まるので、戦いが起こる事は必至。
さらに戦闘力まで備わっているのでバトルは基本流血しています。

そこに「怪物的ヤバイ系女子」にばかり無条件に好かれる超女難体質の持ち主、
葱沢鴨(ねぎさわ かも)が新米教師として赴任して来たから大変です。

次々狙われる鴨先生。そこに現れたのは鉤生十兵衛というクールな拳法家の女の子。
「先生は私が守る」
さて、この少女の正体は・・・?

カギューも含め、出てくるキャラクターはあまりに個性的なので「友達がいない」事が多く、
個性を全開にして戦う事でお互いを認め合うという展開が熱いですね。
ピンチのカギューを助ける理由は「友達だから」
壮絶な戦いの後だけに非常に感動的です。

コメディテイストを効かせ、設定や説明部分をシンプルにする事で全体的に無駄が無く、
キャラクターの行動にも納得が行くのでとっても面白く読めました。
現在6巻・7巻・8巻と3カ月連続刊行中。この機会に是非お手に取ってみて下さい!
posted by 竹島書店員 at 15:34| Comment(0) | コミック