2013年09月23日

八潮店 文芸書担当 おすすめ本

blackout.jpg



「ブラックアウト」
続編「オールクリア」全2巻
  コニー・ウィリス 早川書房

2060年のオックスフォード大学史学部では、タイムトラベルで任意の過去に「降下」し、
歴史上の出来事を間近で観察する現地調査が行われていた。
そんな「航時学生」の一員であるポリー、マイク、メロピーの3人はそれぞれ異なった調査のため第二次大戦下の英国に降下する。
順調に進むはずの調査はしかし、タイムトラベルの原則を覆すありえないトラブルの続出で頓挫し、3人は未来に帰る手段すら失ってしまう。
本来なら助けに来るはずの回収チームもなぜか姿を見せない。
理論上不可能なはずの歴史改変が現実となり、未来が変わってしまったのか?
ドイツ軍の爆撃にさらされるロンドンで生き抜きながら、3人は真相を突き止めるべく奔走するのだが・・・

とにかく本が厚い!全3巻ですが通常の文庫本の6冊分はあります。
しかも元々は1冊の本だったのを、さすがに長すぎるからと「ブラックアウト」「オールクリア」の2分冊になったというから恐ろしい。重たすぎて持てませんよ!そんな本。
しかし、いざ読み始めると時間を忘れて読みふけり、最後には読み終わるのが惜しくなってくるほど面白い!!
主人公たちがすれ違いを繰り返して右往左往する展開はコニー・ウィリスのお家芸ですが、
それにしても今作はめまいがするほど引っ張りまわしてくれます。
戦時下のロンドンの風俗を緻密に描いているので、場面によってはダレてくるところもあるのですが、読者のそんな隙を見計らったかのように投下される意外な展開!!
しかも謎はふくらむ一方で、2巻目読み終わる頃には欲求不満で爆発しそうでした。
3巻目に至ってやっと謎解きが始まりますが、それまでの溜まりにたまったストレスを一気に解消するかのように、あらゆる伏線がすごい勢いできっちり回収されていくので爽快きわまりないです。
そしてラストもエンターテイメント大作として文句のつけようのない幕切れ。
本好きなら読んで絶対に損はない、超おすすめの傑作です。
posted by 竹島書店員 at 16:19| Comment(0) | 【文芸作品】