2015年01月30日

ピルグリム

pirugurimu.jpg

「ピルグリム」1〜3巻 テリー・ヘイズ
 早川書房 ハヤカワ文庫NV 税込各929円  2014年8月〜9月刊行
978-4-15-041311-8  978-4-15-041312-5  978-4-15-041313-2

かつてアメリカの極秘機関を統率し、10万人におよぶ自国の諜報員を監視してきた“私”は、911の同時多発テロの影響により職を退き、身を隠してひっそりと暮らしていた。しかし、ある殺人事件の捜査協力をきっかけに政府に存在が露見、超極秘ミッションへの協力を要請される。それは、イスラエルのテロリスト”サラセン“が単独で立案した米本土への大規模バイオテロの阻止。失敗すれば、アメリカは死の国となる・・・
新しいコードネーム”ピルグリム“を与えられた”私“は、サラセンの居場所を突き止めるべく少ない手がかりを必死に辿るが、予想される決行日は刻一刻と迫る。状況打開のため、”私”は乾坤一擲の賭けに打って出た!
伝説のエージェントVS史上最悪のテロリスト。闇に生きる男たちの死闘を壮大なスケールで描いた超大作!!
このミステリーがすごい!2014年海外編第4位!

いやー、めちゃくちゃ面白かった!作者のテリー・ヘイズはこれが小説デビュー作とのことですが、なんですかこの完成度は!・・・と思ったら全くの新人ではなく、もともと脚本家として長いキャリアのある人。それどころか!なんと!あの観ないと人生の単位を落とすとまで言われた漢の必修科目映画「マッドマックス2」の脚本を書いた人ですよ!あの大名作のシナリオ書いた人が今度はこんな面白い小説を書くとは!才能って不公平ですね・・・今年の夏、「マッドマックス」新作が公開予定ですが今回はテリーさん、参加していないようです。ちょっと残念です。

この本に関してはもう読んでほしいとしか言えません。これ以上中身をバラすのはもったいないからです。どうやら続編も予定されているようですが、ただでさえ壮大なスケールだった本書を超えるものができるのかちょっと不安・・・でも、楽しみに待ちたいと思います!

posted by 竹島書店員 at 17:50| Comment(0) | 八潮店 文芸書担当のおすすめ