2015年03月17日

解決まではあと6人 5W1H殺人事件

21BY49BVGXL._AA160_.jpg
「解決まではあと6人 5W1H殺人事件」 岡嶋二人 
 講談社文庫 978-4-06-185713-1  税込637円  1994年7月刊行

タケシマ熱烈おすすめ本『TAKE1(テイクワン)Books』 第一弾!
80年代前半に彗星のごとく登場、「99%の誘拐」「クラインの壺」など数々の傑作を世に送り出したミステリ史に残る最強ユニット・岡嶋二人による、知る人ぞ知る名作です!

「平林貴子」と名乗る謎の女性が、5軒の興信所に持ち込んだ5つの奇妙な依頼・・・
第一章 「WHO?」・・・あるカメラの持ち主は誰?
第二章 「WHERE?」・・・ある喫茶店の場所は?
第三章 「WHY?」・・・ある車の後部シートがなくなった理由は?
第四章 「HOW?」・・・あるテープに隠された情報を取り出す方法は?
第五章 「WHEN?」・・・ある人物が戻るのはいつ?
おたがいの存在を知らない探偵たちがまとめた、単独では意味を成さない調査報告。
しかしその影には、思いもよらない大事件が隠されていた・・・
いったい、何が起きたのか。
最終章「WHAT?」。6人目の“探偵”が真相を解き明かす!

初版本の発表は1985年というからちょうど30年前になるわけですが、時代を感じさせる描写が少なく、文章が簡潔・軽快で読みやすいので古臭さをあまり感じさせません。ただし作中に出てくる若者言葉が、かなり無理してる感があります。当時としてもちょっと現実とずれていたんではないかと。昔はそういう作品が多かったので、そこが逆に時代を感じさせるところではあります。
そんなことはさておいて、おもしろさは保証いたします!
トリッキーな物語設定といい、どんでん返しの果てに訪れる驚愕の真相といい、時代を経てもまったく色褪せないおもしろさです。
この作品を入口に、岡嶋二人の他の作品を網羅するのも良し、ユニット解散後ソロで傑作を連発している井上夢人の作品に手を伸ばすのも良し。充実の読書経験が待っていることでしょう!
【日記の最新記事】
posted by 竹島書店員 at 15:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: