2015年04月03日

「完璧な夏の日」(上)(下)


kann1.png
ラヴィ・ティドハー
東京創元社 創元SF文庫 978-4-488-75201-9  税込 各1,008円  2015年2月刊行

1930年代初頭、あるドイツ人科学者が行った実験が世界各地に超人を生み出した。
年を取らず、それぞれが固有の特殊能力を持つ彼らは超人(ユーバーメンシュ)と呼ばれ、折しも勃発した世界大戦で激しい闘いを繰り広げる。
第二次世界大戦の最中、英国情報機関に所属する超人フォッグは占領下のパリに潜入。
任務の遂行中に「完璧な夏の日」と呼ばれる無垢な少女クララに出会う。彼女は超人の生みの親であるフォーマフト博士の娘であり、超人たちすべての運命を左右する存在だった・・・


原題は「THE VIOLENT CENTURY」つまり“暴虐の世紀”。
本作で描かれるのは“スーパーヒーローが実在するもうひとつの現代史”です。
というとすぐさま思い浮かぶのがグラフィックノベルの金字塔「ウォッチメン」。
ヒーローが実在したら世界の歴史はどう変わるのか、また実際のところ平和のためにヒーローに何ができるのか?というテーマを残酷なまでに突き詰めた傑作ですが・・・本書では「ヒーローがいようがいまいが歴史は変わらないし、人類は殺し合いをやめない」というスーパードライな世界観が炸裂!
本作では各国がそれぞれ相当数の超人を抱え込んでいるために、パワーバランスが現実の歴史とさほど変わらず、自然と戦争の経過や結末も同じルートを辿っていくのです。このあたり、リアルに起こっている紛争や悲劇を防ぐことができない(当たり前ですが)フィクションのスーパーヒーローに対する作者の皮肉なまなざしが投影されているような気もします。
さて、本書の最大の魅力はなんといっても多彩な特殊能力を持った超人たちの登場。
主人公格のフォッグは霧を操る能力者。周囲に濃霧を発生させて身を隠したり、固形化させて戦闘に使ったりします。そのバディで、手をかざすだけで物体を分子レベルに分解する超イケメンでゲイのオブリヴィオン。腐女子方面にもアピールするキャラクター造形となっております。
その他にも、氷や炎、稲妻などを操るワンピースで言うところの自然系能力者や、全身からスパイクを生やす・空中から大鎌を取り出す・超高速移動・目くらましなどバラエティも豊富。超硬質化した痰を弾丸のように射出するというバッチイものや(しかも使うのは女性)、特殊能力を一切無効化するというどこかのラノベみたいな能力者も。当然超人同士のバトルシーンは盛り沢山ですが、非常に抑制されたトーンで描かれているためセンスはいいのですがカタルシスはありません・・・
上に挙げたのはヒーロー物によくある能力ばかりですが、特筆すべきなのはヒロインの「完璧な夏の日」ことクララの能力。戦闘にはまったく役立ちませんが、実は超人たちの全てを握っているといっても過言ではない驚異のパワー。物語の根幹に関わる存在です。
半世紀以上に及ぶスケールで描かれる超人たちの闘いと友情の物語。最後には意外な感動が待っています。
表面的なことばかり書きましたがかなり深いお話でもあります。オススメです!
posted by 竹島書店員 at 23:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: