2015年03月09日

World 4u 江尻立真

4u.jpg

十条店店長のおすすめコミック

「World 4u_」@ 江尻立真 集英社 ジャンプコミック

「P2!」「パパのいうことを聞きなさい!」「おじゃる丸」などの作品を発表してきた著者による、現代日本を舞台とした都市伝説ホラー。
オリジナル連載作品としては「P2」に続きこれが二作目となる。
王道的な学園卓球漫画であった前作に対し、一話完結形式の都市伝説を語り手の少年が紹介していくという、かなり毛色の異なる作品となっている。

さて「4U」ですが
毎話最初と最後を語り手の少年が締めていくのですが、定番のセリフまわし「みなさん●●」に始まり「当HPの名はー」で締まる様式美が、読むほどに馴染んできます。形式を理解するにつれ「4U」世界にずるずる引き込まれていく感覚といいますか、そういう不思議な読み味があります。

「少年のパート(あいさつ)」〜「都市伝説パート」〜「少年のパート(結論的なもの)」という流れですね。

4Uの魅力は、「本筋である都市伝説パートがなかなかよくできている」というのがまずあります。
時にホラーかつハードな、時に救いのない、時に「あれ?ギャグだった?」みたいな話が展開され、話は二転三転しつつオチへと向かっていく。ラストも一工夫されており、都市伝説を知ってる人はなおさら「こうなるんでしょ」と思わせておいて、そこを裏切ってくるという構成。
短編として、読み物として面白いと思います。ちゃんとシナリオを練っているのが感じられます。

それと、全体を支えるホラー調の演出。これがピリリと利いてます。自分はここを推したい。
異形の存在(のようなもの)が種々挟み込まれますが、これがなかなかサイコでシュールなんですね。
ホラー映画ファンでもある(らしい)著者の本領が垣間見える瞬間で、ハッとさせられます。「ドカーン」と来るのではなく、さりげなく「あれ・・なんか変じゃね・・?」と気づかせる「静」の演出。ドカーン系もたまにありますけど(笑)
この演出は、ジャンプ+連載の方にも受け継がれており、なかなか良いものがいくつかありますので興味ある方はぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。ねじれた部屋とか秀逸ですよ。

その一方で、異様にかわいいシーンも多数あり(笑)、最強ジャンプに掲載された下水道の話「ない」や、ジャンプ+の狸の話「ばあ」などは「この路線でもいけるんじゃ?」と思わせられるほどでもあります(笑)
ホラーと言いつつもそれ一辺倒ではなく、ほかの要素も抱える見どころの多い作品ではないかと思います。

・・・という「都市伝説パート」が一つの魅力としてあり、

もう一つに、少年・田島圭吾のキャラクター性があると思います。
案内人とは言いつつも、結局この少年は何物(あるいは「何」)なのか。4Uを作ったのはなぜなのか(ちょっと語られますが)。あるいは、4Uは本当に彼が作ったものなのか。何か秘密があるのではないのかと・・・いろいろ勘ぐりたくなってしまうミステリアスな魅力があり、これが物語を牽引する陰の動力なように感じます。
都市伝説パートが表の魅力だとすると、こちらは裏の魅力。
1話だけ、少年が登場人物として現れる駄菓子屋の回があり、「少年は実在するのか、どうなのか?」のラインを越えてきた回で、かなり異色と言えると思います。プールの話も時系列を感じさせる回になっており、「ちょっと、結局どうなの?」とやきもきします(笑)
次回作があるとすれば田島サイドに踏み込んだ話も読んでみたい気がしますが、その願いは果たされるのかどうか。
・・ここまで書いた時点でジャンプ+最終話まで読みましたが・・なるほど、そうきたか!ネタバレしてしまうのでノーコメントで(笑)

さて今回の単行本は、実は過去の読み切りを集めたものとなっており、実に10年にわたっています。その間に「P2」の連載があり、絵柄やストーリー構成などがめきめきと洗練されていく過程が如実に表れている、著者の成長の生き証人(?)のような単行本となってます。
「あ、これは”パパ聞き”以降かな・・」みたいな目で見ると、また違った楽しみ方も出来るかもしれません(笑)
なお、去年からジャンプ+で連載された新作分(10回で完結しました)については次巻以降のお楽しみとなります。(ジャンプ+で見れますけど)

もうひとつ付け加えますと、話の間に都市伝説の解説文が挟まれており、「小泉八雲ってそうなのか、著者はなかなか博識だなぁ」と思わせられると同時に、知らなくても「へー」と勉強できるので、ちょっとオトクなサービスかと思います(笑)
あと、ビルの看板にスタッフの名前が書きこまれていたり、テレビの中で著者が死んでいたり(笑)と、ところどころさりげなく遊びが入っていたりするので興味のある方は楽しんでみては(笑)。
posted by 竹島書店員 at 10:48| Comment(0) | コミック

2014年08月14日

Z〜ゼット〜

07299657.jpg
  
「Z〜ゼット〜」@A巻 相原コージ ニチブンコミックス
「コージ苑」「サルまん」の鬼才・相原コージが描く、恐怖と感動、そして爆笑が止まらない
最新型ゾンビ・パニック・ホラー。
「リング0」の鶴田法男監督によるまさかの実写映画化!

相原コージ先生のホラー漫画、しかもゾンビものということで、期待して読んだ本作ですが・・・
イヤー面白い!「ワールドウォーZ」(映画ではなく、原作小説のほう)の日本バージョンといった趣で、ゾンビ感染に直面する人々の悲喜劇を時系列をシャッフルした連作形式で描いているんですが、1つ1つのエピソードの完成度がむやみに高い!特筆すべきなのは、相原先生ならではというべきか・・大体がシリアスになりがちなこのジャンルに、ゾンビに襲われるという大変な非常事態のまっただなかにもかかわらず、どうしてもエロに気を取られてしまうという男の性というか哀しさ、滑稽さを盛り込んだことですよ!しかも「死ぬ前におっぱい見たい」レベルのことで命を落とすという・・・このことで、作品全体に絶妙な味が生まれています。女性には共感が得られにくいかもしれませんが・・・
第一話は、パンデミックが終息に向かい、社会がある程度秩序を取り戻した「発生後期」の1エピソードから始まります。ひきこもりの青年(名前も古守)が、片思いの相手がゾンビ化したのをいいことに家に連れ帰って監禁するという、言ってるそばから女性読者をフルスロットルで振り落す内容・・
薙刀使い女子高生・戸田凜子と2人の女子中学生の逃避行を描く連作がメインストーリー扱いになっていて、映画版はこのエピソードを軸に構成されているようです。なぜ薙刀なのか?というと、相原版ゾンビの特徴として、頭を破壊しても死なないどころか、細切れにしても各パーツが生きているという前代未聞のしぶとさなので、足を斬って足止めするくらいしか対処しようがないからです。それで距離を取って闘える薙刀が有効と。とにかくゾンビ史上でもかなり上位に来るタチの悪さと言えましょう。そんなゾンビの大群に真っ向から立ち向かう戸田凜子の勇姿・・・なんとしても最後まで生きのびてほしいキャラです。
他にも、3人の仲良し小学生が森の中で半裸の女ゾンビに遭遇するゾンビ版「スタンドバイミー」的エピソードや、倉庫に籠城した5人の男女の間に渦巻く疑心暗鬼を描いた密室劇など、バリエーション豊かな内容が詰まっています。
絵柄のせいも大きい気がしますが、凄惨な地獄絵図を描きながらも、陰湿な感じはあまりしません。ある種の詩情すら漂っているエピソードすらあります。とにかく面白いので、女子にはおすすめしませんが、グロいのでもイケる人は是非お読みください!!
posted by 竹島書店員 at 12:50| Comment(0) | コミック

2013年04月02日

コミック担当のおすすめ

ajin.png

亜人(1)講談社    桜井画門 三浦追儺

無関係だと思っていた。その時までは・・・
主人公は事故で即死した後、肉体が再生した事で初めて自分が「亜人」だと知る事となる。
懸けられた莫大な懸賞金。捕獲されれば地獄が待っている。
「亜人」とは何なのか。謎に包まれたその能力とは?


物語は始まったばかりですが、確かな画力とセンスを感じさせます。
先に亜人となった者同士の戦闘があるのですが、お互いが「どうしたら相手を倒せるかが分からない」といった流れがスリリングで面白かったです。

謎が多く用意されていてこれからの展開に期待大です。
是非読んでみて下さい!
posted by 竹島書店員 at 14:16| Comment(0) | コミック